正武戦争(第3次)

提供:MicroWiki Japanese - Temporary name
ナビゲーションに移動 検索に移動

正武戦争(せいぶせんそう、英語: Government Crew and Vuelpacia War)は、2024年4月2日から行われた、正国(チャンイーポリス帝国)と武国(ブエルパキア合衆国)との全ての戦線の戦争を指す日本ミクロネーションコミュニティ上での名称。


第3次 正武戦争(3rd Government Crew and Vuelpacia War)
 
発生 2024年4月1日~
場所 日本など チャンイーポリス帝国
結果 現在係争中 
衝突した勢力 チャンイーポリス帝国  ブエルパキア合衆国
指揮官 皇帝フランク・ジェニファー  マイケル・G・フォード大統領
関連する紛争    −GC戦争

2024年現在、正武両国政府は「第3次正武戦争」の表記は「現在一般に政府として公式文書で使用していない」としている。


また2021年の政府見解では、いかなる用語を用いるかは文脈によるものであり、「正武戦争」の用語が不適切かは、一概に回答できないとしている。


概要

前史

ブエルパキア合衆国とチャンイーポリス帝国との間で交戦が勃発した(第1次・第2次正武戦争)。

当時の内閣(首相)は「派兵に関する政府声明」を発表し、関連する事件を各自、「正武戦争」「シャチ戦争」「ネザー侵略戦争」「チリアド事変」と名付け、今回の事件はブエルパキア側の計画的武力行使であり、チャンイーポリス帝国はこれに対して植民地の自衛権を行使するために派兵(増員)するとした。

同年に統一ドラグマと日本ミクロネーション冷戦が勃発するに及び、戦線はブエルパキア、ガレマール(ブエルパキア合衆国ワコク連邦帝国)、そして日本ミクロネーション全土へと拡大し、チリアド事変やネザー戦争などが呼称されるようになり、各国とチャンイーポリス帝国の全面戦闘の様相を呈した。


GC共栄圏の範囲


チャンイーポリスの伊丹外相によると、GC共栄圏とは、「従来のミクロ上のGC諸国の新秩序圏はGC主義圏と称せられてるものと同一」であるとし、チャンイーポリス帝国ブエルパキア合衆国ワコク連邦帝国の友好的な構成国に加え、その他植民地全域を含めた範囲であると説明した。

2024年1月1日には、関係する戦争は「GC戦争」が正式の呼称であるとされた。

年表