ヴァン・デン・ライヒ

提供:MicroWiki Japanese - Temporary name
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本語の国名 ヴァン・デン・ライヒ 見えざる帝国
英語の国名 Van den Reich
国旗と国章
公用語 日本語、英語、ドイツ語
人口 29人
首都 ケニスベルク(宮殿)、ハンブルスク(政府)
政治体制 選挙君主制
帝国皇帝 前皇帝ルビー(2023年11月に退位)

ミルガウス1世

首相 パッヘルベル・マッケンカン選帝侯
通貨 ターラー
公式サイト 見えざる帝国公式サイト
諸侯国の数 7つの諸侯領、同君連合2カ国
変遷 建国勅書(2016年) 

シュテルンリッター条約(2018年) エルリアによる、属国化からの解放(2020年)

見えざる帝国(みえざるていこく、ヴァン・デン・ライヒ、ドイツ語: Van den Reich,)は、「日本人のローマ王」を称する皇帝によって統括された「ミクロネーション国家」で、日本の愛知を中心に存在する、多民族国家のこと。

2016年に成立し、現在まで存続している。最初は公国であったが、2018年から他国からの属国化を受けて、統治下の領土を次々と失い、国号は「見えざる」という前綴語が加えられた。2017年のシュテルンリッター条約により、この帝国は名目だけを残し、帝国内の10以上の王国・公国・帝国自由都市・教会領・侯領・伯領および他の小貴族の領地は事実上の独立を得て、日本人の国家連合帝国としての性格が明らかとなった。現在の皇室が皇帝の座を独占しつつ、ライヒ領アラウカニア=パタゴニア王国とライヒ領イコロイ連邦を領土と主張するシュテルンリッター家のみは存続することを許され、2019年に勃発したヴァン・デン・ライヒの解放によりワコク連邦帝国の支援を受け独立を回復した。

名称

シュテルンリッター公国 2016年〜2017年

エルリアによる属国化から解放運動 2018年〜2020年

見えざる帝国(ヴァン・デン・ライヒ) 2017年〜現在

歴史

Van den Reichは2016年1月、ボーウェン1世がシュテルンリッター公国が愛知県内に建国された事が最初となっています。

2018年3月にボーウェン1世の弟のミッキヨシ辺境伯が公国をクーデターを主張。 Van den Reich(見えざる帝国)を樹立し新ハプスブルク家第2代皇帝ボーウェン2世に即位し帝国に移行。

2019年8月にはボーウェン2世の諸子、兄アクアと妹ルビーによって帝国継承選挙を実施。同年9月、3代皇帝アクアが即位。同時期、倭国連邦の皇太子言仁親王とルビー皇女の婚姻について議論されるが、帝国政府はネット鎖国政策を決定。

2020年には邪馬台国(倭国連邦)より直接臣従する様に文書が届くが帝国政府とアクア皇帝は此等の旨を黙殺した。

2021年1月、兄アクア皇帝は退位を主張。 同年に勃発したエルリア戦争への不快感から妹ルビー皇女の即位するための選挙を実施し4代皇帝ルビーが即位した。

2022年3月 倭国連邦と連合国によるエルリア武力併合に帝国側は黙認。 皇帝ルビーは自らネット進出を発表し、倭国連邦こ言仁大君との友人関係を明らかにした。

5月 民主主義を自己主張する擬似国家と帝国外務省が関係断絶を発表。 6月 帝国はエルベンタール条約に署名、教導連合君主国家「ドラグマ」に加入。

2023年

8月統一ドラグマの統合に同意。

10月ミルガウスが新皇帝に即位する。

領域

見えざる帝国は7つの諸侯国がある。 

また同君連合を2カ国、領有している。

同君連合

帝国は本土以外に、皇帝領としてつぎの国を同君連合としている…

ライヒ領アラウカニア・パタゴニア王国

ライヒ領イコロイ連邦

国制

見えざる帝国は他の国々のような高度に中央集権化された国家ではなく、等族と呼ばれる王、公爵、伯爵、聖職者及びその他の統治者に支配される9つの領邦に分かれている。 また、皇帝に直接支配される地域もあり、皇帝が単純に法令を発布して、帝国全域を自律的に統治した時代は存在しない。 皇帝の権限は地方領主たちによって厳しく制限されている。

歴代皇帝

シュテルンリッター大公および初代皇帝

ボーウェン1世

第2代皇帝

ボーウェン2世

第3代皇帝

ハンブルスクのアクア

第4代皇帝

ケニスベルクのルビー

第5代皇帝

ミルガウス1世