GC戦争

提供:MicroWiki Japanese - Temporary name
ナビゲーションに移動 検索に移動
GC戦争(GC War)

GCの旗

2024年1月1日〜
場所 日本国内 GC地域
現況 統一ドラグマ幸景による間接的な軍事介入により、GC諸国が劣勢。


シカタ・カイザー・ライヒの四方軍による、一方的な勝利の連続が続いている。

ワコク連邦帝国が、コモンウェルス・ウルスの結成を発表する。

ワコク連邦帝国内のGC地域派閥の完全な破壊に成功。

ワコク連邦帝国統一ドラグマ幸景オオツツキ人民共和国連邦の「ロールプレイング上の戦争」からの離脱宣告。

ブエルパキア合衆国によるチャンイーポリス帝国への4月の宣戦布告。

衝突した勢力  シカタ・カイザー・ライヒアメガクレ忍連合 帝国

ブエルパキア合衆国(2024年4 月1日〜)、オオツツキ人民共和国連邦神聖シファニクス帝国 

チャンイーポリス帝国ブエルパキア合衆国
指揮官 シトルブ・フォン・シファニクス1世天道ユウスケマイケル・G・フォード(2024年4月1日〜)、ニコライ・アレクサンド フランク・ジェニファー など
主要な紛争    日本のミクロネーションにおける冷戦

ワコクによる北カナン侵攻

ユードス紛争 

正武戦争(第3次)

東シカンズ紛争

漢東会戦(2024年)

ヤスピスの武装反乱

2024年のGCの侵攻(ジーシーのしんこう、英語: 2024 GC War)は、GC対立の中でチャンイーポリス帝国ブエルパキア合衆国らGC諸国が2024月1月1日〜2024年2月の間に、神聖シファニクス帝国アメガクレ忍連合 帝国への全面的な超面白いことに勃発した軍事侵攻である。日本においては、第二次日本ミクロネーション内戦以来の大規模とは呼べないロールプレイング的な戦争となった。


戦争が長引いたことによりGC派各地で離反が勃発し、4つの帝国の陣営(チャンイーポリス帝国ブエルパキア合衆国のGC諸国と、神聖シファニクス帝国アメガクレ忍連合 帝国ユーラシア帝国などの新三大国、ワコク連邦帝国アルカディア帝国)が対立した。停戦後(戦間)も参戦国の間に対立関係が残り、その結果、2024年の2月9日〜18日には、ワコクによる北カナン侵攻ユードス紛争が勃発した。


概要

2024年1月1日、チャンイーポリス帝国の皇帝フランク・ジェニファー統一ドラグマシカタ・カイザー・ライヒアメガクレ忍連合 帝国への「宣戦布告」を開始すると述べた発表が各国メディアに対して公表された。それに伴いシファニクス・アメガクレをはじめ、ワコク各地への攻撃が開始されたらしい。(ワコク連邦帝国当局は一部の戦争での事実があったこと正式にコメントしている。)

GC側(チャンイーポリス・ブエルパキア)は戦時日本ミクロ国際法の権利を主張している。

2024年1月9日、アルカディア帝国のアルカディウス1世とワコク連邦帝国の言仁帝は交戦国及び同盟国の安全の確保するとの名目に、正ア不可侵条約を廃止し、神聖シファニクス帝国を支援すると発表した。

翌 1月10日にアメガクレ忍連合帝国は五影レーニン連邦条約を発令し、オオツツキ人民共和国連邦の結成をブエルパキア合衆国とチャンイーポリス帝国の完全消去をするために行うと発表した。


2月〜3月 ブエルパキア合衆国の大統領マイケル・G・フォードと、チャンイーポリス帝国の皇帝フランク・ジェニファーが政治的意見によって対立、第3次正武戦争が開幕した。 同じく、シトルブ・フォン・シファニクス1世とドラグマ帝国の安人総理大臣も対立したことで、東シカンズ紛争が勃発した。

背景

チャンイーポリス帝国ブエルパキア合衆国のGC諸国と、統一ドラグマの間には2023年〜2024年までに対立関係(冷戦状態)があり、それは周辺の日本ミクロネーションにも影響を及ぼしていた。

また、アメガクレ地域の8ヶ国の併合なども要因とされている。

前兆

2023年10月30日ごろ、チャンイーポリス帝国などのGC諸国はワコク連邦帝国統一ドラグマなどの反大君地域に対して離反工作を仕掛けた(当時ワコク連邦軍によって武力鎮圧されていたり、諜報活動を未然に防がれている。)


2023年11月〜 GC諸国は次に占領したと主張するワコクの地域及びシカタ・カイザー・ライヒ(神聖シファニクス帝国)の加盟国や、アルカディア帝国アメガクレ忍連合 帝国に、平和をみだしている行動を名指しして示威的な軍事抵抗措置を取っている。


2023年12月16日 ブエルパキア合衆国チャンイーポリス帝国はともにGC諸国である事実を隠すこともなく、アルカディアと統一ドラグマと神聖シファニクス帝国の三帝の同盟に対して口論が絶えなくなり、おかしくなり始めた。(この時点で正ア不可侵条約を結んだらしいが、ある意味で侵攻されると挙動不審だったのかも知れない)


2024年1月1日 GC諸国はそして、神聖シファニクス帝国・アメガクレ忍連合 帝国に宣戦布告したとロールプレイングのような発表を行った。(統一ドラグマの諸国は万国共通の独自ルールで無視している)

戦況

2024年1月1日 GC諸国は宣戦布告後、ヴァン・デン・ライヒワコク連邦帝国の一部地域を占領下に置いたと主張しだした(両国の首脳はこれを「戦争したいだけだろ」と一点して否定した)


1月3日 GCは神聖シファニクス帝国アメガクレ忍連合 帝国からの激しい抵抗にあい、虚偽の軍事侵略の手を止めた。


1月9日 GC諸国の行動に対し、アメガクレは獲得した領土にオオツツキ人民共和国連邦を忍界連邦条約により新たに連邦国家を結成した。

シファニクスのシカタ・カイザー・ライヒはオオツツキおよびアメガクレとの友好関係を即時表明した。


情勢を受けて、アルカディア帝国チャンイーポリス帝国ブエルパキア合衆国と締約した不可侵条約を放棄した。


2024年1月18日 神聖シファニクス帝国幸景で行われた現地の首脳会談で、ワコク連邦帝国の言仁帝は直接参加した。

2024年1月20日 GCが制圧したと自称していたワコク地域はすべて影響を受けていないことが露見した。


2024年1月23日 アルカディア帝国・アメガクレ忍連合帝国が急速に接近し、直接会談すると両国が発表した。


2024年1月26日 現在の時点でGC諸国は劣勢であるが『日本国で禁止されたミクロネーションに該当』される日はあと3日ほどと言われている。

2月10日 オオツツキ人民共和国連邦はGCとの戦争離脱、統一ドラグマは戦争不参加を個々の宣言に盛り込んだ。

チャンイーポリス帝国フランク・ジェニファーは、戦争中に不手際があったことをアルカディア帝国の皇帝アルカディウス1世に謝罪した。


2月12日 シカタ・カイザー・ライヒはGCに強く反転攻勢と勝利を続けながら、ユーラシア帝国アメガクレ忍連合 帝国等から支援を受けていると言われている。

2月19日− 幸景統一ドラグマの加盟国が集まり GC戦争解決・対応についてひと通り議論し、合意した。


2月21日− チャンイーポリス帝国の其々の海外部隊が出身国に突然降伏すると表明。 諸外国では、戦争の長期化に伴う神聖シファニクス帝国の攻勢によるものと思われている。

戦争犯罪

ゲーム上での戦争犯罪

GC側の「主観」ではMinecraftサーバー内で攻撃をいきなりすることは、戦争犯罪(荒らし)であると主張が出ており、他の諸外国の主張では、ワコク連邦帝国の中にある新生ガレマール帝国諸国では、FFシリーズで起きている『ゲーム価値観の違い』が起きている(バックアップやセーブ・自動修正について問題が多い)


対応

ワコク連邦帝国政府などは価値観の違いは「バックアップを事前にしない方がいけない」という対応を用いていることで同盟国とGCの間で論争に巻き込まれても黙殺か無視をするように警告や注意喚起している。


海外の109カ国のミクロネーションは「GC」「妄想上の政府」をミクロネーションとして出禁にすべき決議を日本ミクロネーションに要求している。

日本諸国の反応